株式投資で稼ぐための考え方

株式投資で稼ぐための考え方

株式投資で稼ぐための考え方はたくさんあると思います。

私としては、下記を試していきたいと考えています。

  • バリュー投資
  • トレンドフォロー型(順張り)投資、逆張り投資

それでは、これらの投資手法について学んでいきたいと思います。

バリュー投資

バリュー投資は、本来の価値より割安な株を見つけてその株に投資するというものです。

バリュー投資は「ベンジャミン・グレアム」氏や「ウォーレン・バフェット」氏が用いている手法です。

利益の出し方
  • 株式を割安で購入し、市場で価値が認識され株価が上昇した際に差額で利益を出す。
  • 長期的に株を保有することができるので、配当金などを得ることで利益を出す。

ただし、そもそも投資対象の割安株を見つけるのが難しいので、割安株を見つけられるようになるには経験が必要です。

バリュー投資はある程度まとまった資金を投資しないとリターンのうまみを十分に享受できない気がするので、現状は業界や企業、ビジネスモデルの研究を中心にして、少額で株式売買のやり方や性質を理解することを考えています。

トレンドフォロー型(順張り)投資、逆張り投資

トレンドフォロー型(順張り)投資は、株式相場のトレンド(傾向、方向性)に沿って売買する投資です。
「上昇トレンドの時は買い」、「下降トレンドの時は売り」となります。

逆張り投資は、株式相場のトレンド(傾向、方向性)に逆らって売買する投資です。
「上昇トレンドの時は売り」、「下降トレンドの時は買い」となります。

トレンドフォロー型投資は「ジェシー・リバモア」氏が用いていた手法のようです。
B.N.F氏は順張りも逆張りも用いていたようです。

利益の出し方
  • 株式相場のトレンドをよんで売買し、差額で利益を出す。

今は「株価が上昇傾向(上昇トレンド)か」、「株価が下降傾向(下降トレンド)か」、「これからどのような動きをするのか」などを予測しながら売買します。

スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期投資など、がありエントリーしてから決済するまでの期間が異なります。

この手法では、「何がどうなった時にどうなる確率が高い」、「全体の動きや各種情報、パラメーターからどう動くかを予測する俯瞰した視点と各企業の個別の視点」が自分なりに必要になるのかな、と思います。
これはひたすら相場と情報などを照らし合わせて自分で消化し、スキルを高めていくことになるのだと思います。

業界や企業、ビジネスモデルの研究をしつつ、時代背景や経済指標などとも含めた株価の動きを予測できるスキルを身につけ、いつか挑戦してみたいです。
これはとにかく実戦経験を積んで、実際の相場から学んでいくしかなさそうです。

私としては、どれも試してみたいと思いますが、株式の売買すらまだ慣れていないので、まずは練習がてら小額からはじめてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です